casual

【購入品レビュー!!】Leeのウェスターナー(westerner)100-jの魅力について。

この記事はこんな方にオススメ!

  • ウエスターナーについて知りたい方へ。
  • 購入を検討している方へ。
  • ディテールや生地などを知りたい方へ。

 

皆様、こんばんは!コウ(@dress_vintage_code)と申します!

今回は、僕が購入したLEEのウエスターナーについてのご紹介を致します。

 

知る人ぞ知る名品でありますが、これを所有している方は恐らく少ないと思うので、

ご存知がない方も数多くいらっしゃると思います。

 

そんなマイナーなアイテムを一緒に詳しく見ていきましょう!

 

 

コウ
僕自身、購入して大満足しております!

 

購入品紹介

今回購入したアイテムは、LEEが1960年代頃の100-Jと呼ばれるジャケットです。

通称”WESTERNER(ウエスターナー)と呼ばれています。

(以下、ウエスターナー。)

 

アイテムの存在自体は知ってましたが、意識してほしいと思ったことはあまりありませんでした。

お洒落な方がインスタでスタイリング投稿をされており、それを見て僕の持っているワードローブに合いそうだなと感じてたくらいです。

ただ、球数自体が圧倒的に少ないため、そもそも見る機会がほとんどありませんでした。

 

しかし、ある日、古着屋を散策していると、偶然見付けてしまったんですよね。

お店の壁面にかかってましたが、その生地感やオーラを感じたので、一度試着したところまさかのジャストサイズだったのです!

そのため、思わず衝動買いしちゃいました。笑

 

コウ
これぞ出会ってしまったってやつですね。笑笑

 

ウエスターナーについて

ウエスターナーについて、解説していきます。

 

1959年に"LEE"というブランドがこのウエスターナーを発売し始めました。

LEEといえば、リーバイスと並び、世界三大デニムブランドと呼ばれるほどのワークブランドです。

 

いわゆるデニムジャケットとは違って、ウエスタンデザインがあり、元々はカウボーイ向けに販売される予定でした。

 

出典:https://www.pinterest.jp

1960年頃のアメリカの映画(“Lilies of the Field”)のシーンにて。

 

ところが、60年代にアイビーと呼ばれる学生たちの間で流行ったため、アイビースタイルに欠かせないアイテムとなりました。

そのため、カウボーイではなく、アイビーのイメージを持つ人の方が多いのではないでしょうか。

 

発売当初から60年以上経ちますが、デザインやディテールは変わっておらず、現在でも人気の絶えないアイテムとなっています。

 

アイビーについては、こちらのリンクをどうぞ。

【カルチャー紹介!】アイビールックとは!?『トラッドスタイルがお好きな方は必見です!!』

この記事はこんな方にオススメ! アイビーについて知りたい方へ。 メンズドレスファッションがお好きな方へ。 トラッドな着こなしがお好きな方へ。   こんばんは!コウ(@dress_vintag ...

続きを見る

 

また余談ですが、LEEには、"101-J(RIDERS)"と呼ばれるデニムジャケットもあります。

出典:https://www.pinterest.jp

 

ウエスターナーとシルエットやディテールは同じですが、デニム生地を使用したジャケットとなっています。

こちらもLEEで代表的なアイテムとなっています。

 

コウ
ウエスターナーは発売当時、実はブラックやブラウンなど様々なカラーが発売されていたそうです。

 

ディテールや生地について。

次に、ウエスターナーの生地やディテールなどを詳しく見ていきましょう!

 

生地

生地ですが、コットンサテン100%使用しています。

真っ白ではなく、オフホワイトや生成りのようなカラーのため、キザな印象はありません。

ただ、やはりワークメーカーのアイテムのため、デニムのようなタフな素材感ですね。

 

そのため、ガシガシ使ってその経年変化を楽しむアイテムだと思います。

 

サイズ

サイズ表記ですが、42(LONG)となっています。

日本表記でいうと、XLサイズになりますね。

 

実はこの”LONG”ですが、レアサイズらしく、市場では殆ど見る事はないそうです。

LONG=少し大きめだそうです。

(基本的に”regular”しかないとのこと。)

 

もともとタイトな作りのため、regularサイズだと着丈が短いため、普段着として使うには難しいと店員さんからお伺いしました。

確かに、僕自身、過去にそれを着用したことはありましたが、確かに着丈が短く、肩幅がキツくて着用できなかったという経験もありました。

 

その為、ジャストサイズと分かった時は、運命だと感じましたね。笑

 

コウ
結構痛い出費でしたが。。笑

 

ディテール

全体を見てみると、いわゆる、デニムジャケットとほぼ同じシルエットとなっています。

 

後ろはこんな感じ。

しかし、細かな部分を見てみると、微妙に違ったりします。

 

例えば、ポケットの形が違います。

デニムジャケットが逆三角形に対し、ウエスターナーは丸みがかっており、また少し斜めに向けたデザインをしております。

 

ウエスタンディテールの象徴するデザインですね!

 

ボタンもブランドが違うので当然ですが、シンプルに”Lee”と刻印されたボタンが使用されています。

同色で、彫られているため、そこまで主張が激しくないのも嬉しいポイントですね!

 

相場

相場ですが、まとめるとこんな感じです。

 

市場価格

通常モデルだとおよそ15000~25000円程。

初期モデルやレアモデルだと40000~55000円程に跳ね上がります。

(2021年12月29日の時点。)

 

もちろん古着はピンキリなので、参考程度にして頂けたらと思います。

ただ、そもそも球数が少ないので、見つける事自体が難しいかもしれません。

 

コウ
LEEのアイテムって全体的に残っていないんですよね。。

 

実際に着てみた

実際に着てみるとこんな感じです。

 

ボタンを締めるとこんな感じ。

 

後ろはこんな感じです。

 

着用者

180cmの67kgで肩幅が広めです。

普段は、Lサイズを着用。

 

画像を見て頂けると、サイズが42でありながら、ほぼジャストフィットとなっています。

袖丈だけ少し長いですね。

 

LONGだからちょうど良く感じますが、これがregularだと、もう少し小さくなるので、このモデルでなければ、恐らく購入しませんでした。

こういう出会いがあるからこそ、古着がやめられないです。笑笑

 

ヴィンテージを購入する上でのデメリット

僕は偶然見つけることができましたが、何度もお伝えした通り、ウエスターナー自体、球数がほとんどありません。

 

しかもオフホワイトだと、汚れがあるモノが多く、購入したものも当時の汚れがのこっています。

 

 

僕はこれを味だと感じているので問題ありませんが、気になる方がいらっしゃれば、現行で購入することをオススメ致します。

現在、LEEは日本のデニム会社のEDWINが買収し、販売や企画を行っていますが、クオリティはかなり高いです。

↓↓↓↓

 

ヴィンテージという拘りがなければ、選択肢の一つとして検討するのも良いのではないでしょうか。

 

まとめ

LEEの名作の一つであるウエスターナー(100-J)のご紹介をさせていただきました。

デニムジャケットとは違った魅力があり、周りとの差別化を図れるアイテムです。

その歴史も深く、もしこの記事を通じて、ご興味を持って頂けたら大変嬉しいです!

 

ではまた!

-casual
-, , ,

© 2022 20代が背伸びした大人のファッション Powered by AFFINGER5