casual

【上品なカーゴパンツ!?】今話題のm-47の魅力について『年代判別やディテールなど徹底調査!!』

この記事はこんな方にオススメ!!

  • m-47について興味のある方へ。
  • 年代判別を知りたい方へ。
  • どのように着こなすべきか分からない方へ。

 

こんばんは!コウ(@dress_vintage_code)と申します。

昨今、古着業界では、フレンチヴィンテージブームですが、その中で最も話題に上がっているアイテムの一つがm-47カーゴパンツ。

恐らく、服好きの方ならば、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

当記事は、そのm-47についてや、なぜここまで人気となったのか。

その理由や歴史的背景を踏まえる事で、その魅力についてお伝え致します。

 

コウ
最近よく聞く名前だけど、実際はどんなパンツなんだろう?

 

 

m-47とは

m-47の歴史やディテールについて書いていきます。

当時、どのような軍隊で使われて、なぜこれほど人気が出たのかをお伝え致します。

基本的な情報なので、ご存知の方がいらっしゃれば、飛ばして頂けたらと思います!

 

コウ
意外と起源など知らない方は多いのではないでしょうか?

 

m-47について。

出展:https://knowessence.com/fashion

m-47はその名前の通り、1947年からフランス陸軍で採用されました。

カーゴパンツの起源ともいわれるアメリカ軍のM-42パラトルーパーパンツをベースに作られたと言われています。

年代によって生地やシルエットが違っており、47年~50年代までを"前期"、60年代に生産していたものを"後期"とよばれています。

また、90年代にマルタンマルジェラが M-47 を裏返しにして再構築して発表したのは有名ですが、その理由も縫製のすばらしさからコレクションに加えられたそうです。

兵士が戦場で着るパンツとは思えないですよね。笑

このコレクションがきっかけで、人気が急上昇しました。

 

もし、前期か後期でご購入を検討される方がいれば、私は後期タイプをオススメいたします。

(オススメ理由は後程お伝え致します。)

 

コウ
コレクション発表から、人気が出始めたんですね!

 

ディテール

ポケットは基本的にフラップポケットとなっています。

入れたものを落とさないように工夫されています。

 

カーゴパンツの名前の由来であるカーゴポケット。

収納できるスペースも大きく、カメラのような小道具も入れることが出来ます。

 

実は、ポケットにもボタンが付いており、見えない仕組み(比翼)なっています。

貴重品も入れる事ができますね。

 

裾にはアジャスターが付いており、シルエットに緩急を付けることができます。

あまり使う事はないかもしれませんが、こういったディテールも男心をくすぐられますよね。

 

 

年代判別の仕方

次に、年代判別の見極め方についてお伝え致します。

先ほど、お伝えした通り、前期と後期の2パターンがあります。

それらをどのようにして判断するのか。ここを重点的にお伝え致します。

 

生地について

こちらが私が所有しているm-47後期タイプです。

カーゴパンツと言えば、ポケットの印象が強いので、ラギットさが際立ちますよね。

しかし、m-65のような他のカーゴパンツと違い、フランスらしい洗練された雰囲気を感じます。

 

まず生地ですが、ヘリンボーン(魚の骨)となっています。

ですが、画像を見てみるとかなり小さな柄のため、遠くからみると無地にしか見えないんですよね。笑

しかし、ヘリンボーンが入ることで、より深みのある色合いになっています。

 

出典:https://signal-garments.com

一方で、前期ツイル生地(綾織)を採用しており、厚手の生地となっています。

個人的に、このヴィンテージならではの風合いが堪らなく好きです。笑

 

ボタンについて

出典:https://slow-and-steady.com

ウエストボタンですが、後期が一つに対し、前期は二つついています

年代判別において、一番わかりやすいのはボタンの数をみることですね。

また、年代や個体差によって、ボタンの種類も変わってきます。

基本的には画像のような尿素ボタンが多いですが、中にはメタルボタンが使われている個体もあります。

 

シルエットの違い

次に、サイズ感やシルエットについてお伝え致します。

個人的にですが、私がm-47で最も好きなポイントです。

他のヴィンテージのパンツと比べても、とても洗練されており、カーゴパンツでありながら、上品さも感じとれます。

この魅力を詳しくお伝え致します!

 

サイズの見方

私が所有しているのは、21サイズと書かれています。

左の数字がレングス、右の数字がウエストになります。

 

ただこれは、あくまで目安であり、同じサイズ表記でも、ものによって大きめだったり、小さめだったりなど、個体差があります。

ネットで購入する場合、実寸サイズを調べるのがマストですね。

個人的にですが、m-47は裾にサイドアジャスターが付いているので、ジャストサイズで購入するのがオススメです。

ポケット位置もレングスによって、微妙に位置が違うんですよね。

大きすぎるとかなり野暮ったくもなるので、ジャストサイズをお探しして頂きたいです。

 

コウ
個体差がありのが、古着の面白い所ですよね!

 

シルエットについて

実際に履いてみました。

私が、後期をお勧めする理由はこのシルエットです。

 

 

ほんの少しですが、若干テーパードがかかっており、コーディネートに取り入れやすいシルエットなんですよね。

 

 

前期だとズドンとストレートのため、いわゆる、軍パンのシルエットになります。軍パンの古い年代で、テーパードがかかっているパンツって本当にないんですよね。

 

例えば、アメリカ軍で有名なカーゴパンツであるm-65もズドンとしたストレートシルエットです。

出典:https://item.rakuten.co.jp

その他のカーゴパンツもストレートシルエットがほとんどなんです。(それはそれで土臭いのがいいんですけど笑)

 

 

ただ、m47後期は、ラギットでありながら、すこし上品な印象を併せもつのが、一番の魅力です。

 

 

テーパードがかかることで、ヴィンテージ初心者の方でも、取り入れやすいシルエットなんですよね。

ストレートシルエットだと、トップスとのバランスをとるのが難しく、靴との相性も考えないといけません。

その為、m-47はラギットなアイテムの中で、最もオススメしたいパンツです!

 

レプリカですが、オリジナルと遜色なく、コスパがとても良いM-47パンツも下記のリンクに載せておきます!

(ヴィンテージも取り扱っているサイトなので、本物を熟知しており、オススメメーカーです。)

 

 

 

m-47をご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

すでに人気があるため、お持ちの方もいらっしゃると思います。

しかし、自分が着用している洋服のルーツを知っていると、また違った視点からみることが出来ます。

お持ちでない方も、当記事を参考にご検討して頂けたらと思います。

ではまた!

-casual
-, ,

© 2021 20代が背伸びした大人のファッション Powered by AFFINGER5